【投票】「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」

f:id:ybunnox:20201101105834g:plain

FOY2020

 

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」に投票しました。

eMAXIS Slimの全世界株式(オール・カントリー)と米国株式(S&P500)です!

コロナの終息時期はいまだにみえませんが、引き続き投資は継続中。

 

【2020年6月】今月のポートフォリオ

今月のポートフォリオです。

正確にはリスク資産の中のアセットアロケーションでしょうか?

ポートフォリオ

f:id:ybunnox:20200612234336p:plain

時価総額比に近い割合で保有しています。

※2020年5月の時価総額比は 国内:先進国:新興国=7.8%:81.7%:10.5%

 

メインがeMAXIS Slimオールカントリーなのでこうなりますよね。

他にはeMAXIS Slim米国株式や個別株が少々入ってます。

引き続きeMAXIS Slimオールカントリーをメインに据えて投資していく予定です。

 

リスク資産と無リスク資産

f:id:ybunnox:20200613000040p:plain

約3割がリスク資産です。

今後2~3年かけて全体の5~6割になるように積み立てていく予定。

現在、積み立て投資開始から丸2年。全体では4~5年かけて目標の比率にします。

今のところ当初の予定通り。

この円グラフを見るとまだまだこれからという気持ちになります。

 

 

チキンタツタ めんたいチーズを食べました。

マクドナルドで一番好きなチキンタツタ期間限定販売中。

今更ながら食べました。

せっかくなのでめんたいチーズを選択。

 

チキンタツタはいつも通りおいしいです。

醤油と生姜の風味が絶妙です。

チキンとやわらかいパンも相性抜群。

キャベツとマヨネーズのトッピングもドンピシャ 。

 

明太子は少しピリ辛ですね。存在感は結構あります。

・・・でも、チーズはどこに行った?って感じでした。

マヨネーズに隠れるのかな?

 

総合的にはかなりおいしいです。また食べたい。

販売が終わるまでに普通のチキンタツタも食べなきゃですね。

 

f:id:ybunnox:20200611235140j:plain

f:id:ybunnox:20200611235142j:plain

f:id:ybunnox:20200611235147j:plain

f:id:ybunnox:20200611235149j:plain

 

小さなことからこつこつと

コロナの影響で仕事中は余裕があります。

そこで、今まで気にはなっていたが、優先度が低くて手を付けていなかったことに

時間を割いています。

例えば、デスクや作業場の整理整頓。業務で使う道具や鍵の管理の見直しです。

すこしづつでも環境を改善していけば、気分もよくなります。

ただ、いざ手を付け始めるとすごく時間がかかります。

何年もほったらかしにされていたものなのでしょうがないのですが。

気長にやりましょう。

 

【住信SBI銀行】1年もの円定期預金特別金利キャンペーン始まる

今年も住信SBI銀行で円定期預金特別金利キャンペーンが始まりました。

ありがたいですね。内容は以下の通り。

 

金利:0.15%(1年もの)

■期間:2020/6/8(月)~2020/8/16(日)お預入れ手続き完了分まで

 

去年は同じ1年ものが0.20%でしたが、今年は下がっていますね。

3か月もの0.30%もなくなっています。

また、去年は 2019/6/10(月)~2019/9/1(日)までだったことを考えると

少し期間が短くなっています。預入予定の方はご注意ください。

毎年8月に満期を迎えるサイクルで利用されていた方は途切れてしまうかも。

 

世知辛いものの、この低金利下でキャンペーンがあるだけ素晴らしいと思います。

自分はこのキャンペーンと楽天証券国債ポイントバックキャンペーンを

毎年夏と冬に利用しています。

しかし、今回は楽天証券国債キャンペーンはないかもしれません。

というのも、「春の個人向け国債ポイントまつり」と銘打って

4月に一度やっているんですよね。

コロナ禍の暴落に合わせて急遽やったのかもしれません。

 

どうなるかわかりませんが、少し様子をみてみましょう。

 

たわら先進国株式が勤め先の企業型確定拠出年金に追加

タイトル通り「たわらノーロード 先進国株式」が自分の勤め先の確定拠出年金

追加されていました。びっくりです。

 

たわらノーロード先進国株式(以下、たわら先進国株)を簡単に紹介。

MSCIコクサイに連動する投資信託で信託報酬は年率0.10989%(税抜0.0999%)以内。

同じ指数に連動するもので信託報酬が最も低いものは

eMAXIS SLIM先進国株式とニッセイ外国株式です。

年率 0.10230%(税抜 年率 0.0930%)以内となっており、たわら先進国株は

これより僅かに高いだけです。その差0.00759%。

 

今までは同じMSCIコクサイに連動する投資信託に拠出していたものの

信託報酬は年率0.275%(税抜き0.25%)でした。

これからはたわら先進国株に全額拠出します。

信託報酬はこれまでと比較するとなんと4割になります。

 

問題は今までに買い付けた分をどうするかです。

最初はたわら先進国株に全額スイッチングしようと思っていました。

しかし、手続きを進めると問題が発生。

 

手持ちの投資信託の売却日が6/9で約定日が6/10。

たわら先進国株の買付日が6/12で約定日が6/15。

つまり、売却の受付から買付の約定まで6日かかってしまいます。

スイッチングは同じ金額で売買するため、

この間に価額が下がれば得をするものの、反対に上がれば損をすることになります。

 

スイッチングをすれば確かにコストは削減できますが、ここ最近の上昇相場では

機会損失をする可能もあります。

機会損失の可能性に対し削減できるコストが見合うかを考えなければなりません。

言い換えれば、仮に機会損失を犯した場合、削減したコストで元が取れる

可能性があるかどうかです。

 

結論としては、スイッチングは行わず、新しく拠出する分はたわら先進国株に

することにしました。コストは削減すべきです。

しかし、余計なことをしてパフォーマンスを落としてはなりません。

 

それにしても、たわら先進国株式の追加には驚きを隠せませんでした。

私は拠出していませんが、たわら日経225も追加されていましたね。

せっかくですからMSCI ACWIに連動するたわら全世界株式の追加も求めたいですね。

 

リスク資産の全額を全世界時価総額比で投資している場合、

特定口座・つみたてnisa・確定拠出年金で全世界株式に投資できれば

リスク資産内のリバランスは必要なくなります。

特定口座・つみたてnisaでeMAXIS Slimオールカントリーをメインにしているので

自分としても全てを全世界株式に投資できればかなり楽。

 

たわら全世界株式の純資産総額は6/5時点で2.85億円と不振です。

しかし、企業型・iDeCo問わず確定拠出年金に販路を求めれば

まだまだチャンスはあるのではないでしょうか。

ぜひ実現してほしいと思います。

 

とにもかくにも、たわら先進国株ありがとう。

【感想】反応しない練習 草薙龍瞬 (著)

『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

簡単に感想を書いていきます。

この本を読んで20代のころのことを思い出しました。

自分は20代のころに、自分の生き方や価値観に疑問を持っていました。

「大人の麻疹」にかかっていたんですね。

世間のすそになんとか掴まり、落っこちそうになりながらもいそいそと

這い出してきたのです。

その時に、承認欲求を自分にとって必要のないものだと決めました。

そうしないと、辛かったから。

できるだけ自分を認めようと思ってきました。

自分の価値は自分で決めるものだと思ったからです。

 

この本にも承認欲という言葉が何度も登場します。

承認欲は怒りや嫉妬という形であらわれます。

それは、妄想や執着。

それは、人を苦しめる。

もちろんモチベーションになる承認欲まで否定しているわけではありません。

ただ、苦しみに繋がるのなら捨てなさいと説くのです。

仏教を題材にしていますが、実利のある哲学のような内容です。

 

執着や妄想にとらわれそうになったら、自分を肯定する。と説きます。

 

自分にとっての生きる目的は「よりよく生きること」です。

自分は完璧ではないことを知っています。

それでも、少しづつでもよくなれるのなら、価値のあることだからです。

 

人にやさしくしたいと思います。

それでも、自分を殺したいとは思いません。

自己犠牲的なやさしさには疑問を持つのです。

それでも、誰かの役に立てるのなら、生きている意味があるからです。

 

なんとか今までやってこれたのも、自分を肯定できていたからかもしれません。

 

仏教は宗教ですが、神の教えはでてきません。

ブッダの教えは人にとっての実感からくるものです。

 

あなたが道に迷っているなら、

きっとこの先の方向性を示す手助けになるでしょう。